FC2ブログ

プロフィール

ikitasuku

Author:ikitasuku
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


QRコード

QRコード

最近のトラックバック


DATE: CATEGORY:日記

ピンチはチャンス。



死中に活あり。




さあ。さあ。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:日記

今日は撤収。




みんなよく動けてた。



よくがんばった



さて、泣いても笑っても、明日が勝負。




あさってはもう本番だ。




お客様やスタッフさんにはくれぐれも失礼のないように




細心の注意と配慮で望みたい。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:日記

納得いくまでもう少し。




再演なんてしてるつもりは毛頭ない。



これが別世界印、という保証書を取り付ける作品にするまで




あと…少し



……もつかな(汗)
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:日記

最近オフの方が働いてる。


だから今日はハード。



なんと38、2度もあった。



皆様健やかでいていただきたいと切に願います。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:日記

疲れを取る方法を幾つか知っているが




なかなか身体が言う事を聞かない





今まで走って走って走って




恐らくこれからも




走って走って走り続ける




もちろん時には立ち止まって何かを感じる事はとても重要だけど




それを理由に歩みを止める自分を許容したくない





若輩故、楽しく努力をし続けたい





私のすべき事
私の運命
私の切り開く事
それはすでに決まってる



大丈夫。



皆の笑顔で活力を取り戻せるはず。



疲れさえも忘れさせるあの場所へ



後何日かで本番だけど



空気の清々しい


あのスタジオへ


さあ




さあ
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:日記

『ロミオ&ジュリエット』



これは報われない恋人達の鎮魂歌である。





その十字架を背負い役になりきる





感覚がバリバリしてないとシェイクスピアの台詞やイメージに飲み込まれてしまいそうになる





壮大な世界ヲ構築しなければならない



壮大な、世界ヲ
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:日記

明日当たるべきシーンが全てできてしまった。



これも自分のシーンに関わらず熱心に、謙虚に学ぶ心を持つ役者のやる気の賜物である




演技は技術



磨き込めば込むほど輝きを増すものだ



人によってそれぞれにイロイロあるだろうけど



せめて




自分のシーンで止まる確率だけは取り除いて欲しい




要は下手か上手いか鳥肌か



ただそれだけなのだから
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:日記

手探りで進む。



工事と稽古の同時進行。




『工事』



この世の中には本当に私利私欲だけの人がいるんだなと勉強になった。




これは両方とも絶対に妥協しない。




これは狡猾な一部の大人からの若者への挑戦状と受け取ろう




『完治』




それこそが勝利
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:日記

『ボラット』


かなり笑えます。




やはりこういう笑いが好きになってしまいます。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:日記

そのために今日も勉強する。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:日記

大好きなやつに


キツイ事をいわなければならない



でも大好きなやつらだから




すでにわかってくれていた
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:日記

生み出す


捻り出す


降臨させる



なんでもいい
なんでもやろう


Inspiration



貴様の為ならなんでも全て投げ捨ててやる!




ああ、陳腐な演出!
くだらないありきたりな発想!




今日で貴様等とはおさらばだ!
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:日記

自分の実力が下がってしまっているのではないか。




その恐怖感で全然眠れない。




今日は良い稽古ができたが明日はどうなるだろう。




初心、努力、謙虚さ




それと改めて向き合おう
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:日記

信じてるからこその


この布陣なのだ。



ワールドカップでは



中村俊輔を外した岡田監督の英断を評価すべきなのだ



孤独感




岡田監督は



唯一



それと戦っていたのだ
| BLOG TOP |

copyright © 伊木輔のブログ all rights reserved.Powered by FC2ブログ

カスタマイズ